【ルームシェア住宅実践記】単身高齢者を入居させるときの家賃保証問題の解決法

目安時間8分

生活困窮者や単身高齢者の入居を拒む大家の理由は

主に3つ。

 

「家賃滞納」と「要介護」と「孤独死」

 

今回は「家賃滞納」について

私の考えを伝えてみる。

 

 

生活困窮者や生活保護を支給されている人は

生活保護については1カ月に1回や2か月に1回のペースで

入金されます。

 

 

なので毎月の場合は口座自動引き落としをしてあげれば良いですし

2カ月に一度での支払いでも了解すればそれで済みます。

 

入居する本人も安定した住居が必要ですし

家族も、そこにいてもらいたいので

滞納に関してはそれほど問題はありません。

 

 

生活困窮者の方は市から生活扶助を貰っている事が多いです。

その場合入居の条件として

市から家賃を代理納付してもらう事を承諾して貰います。

 

 

代理納付とは受給者本人が了解すれば

市が直接大家に家賃を支払う事です。

 

 

こうすれば生活困窮者でも

家賃を回収できないと言う事はありません。

 

 

この場合注意する事は

生活困窮者がいつまでも

生活困窮者でいる訳では無い事です。

 

 

大家としては

生活困窮者であり続け

市から代理納付受けた方がいいわけです。

 

生活困窮者で無くなると当然家賃扶助も貰えなくなるので

家賃滞納の可能性が高くなります。

 

 

生活困窮者から生活保護にランクアップ?するとまた家賃扶助が支給されます。

 

普通の生活に戻ると

黄色信号です。

 

 

良いのか悪いのかわからなくなってきますね。

 

 

生活困窮者の内容にもよります。

生活困窮者とは何らかの事情で直ぐに働けないような方の総称です。

 

 

・単身高齢者で済む場所が無く定職に就けない人。

・DVを受けシングルマザーで逃げてきた人。

・軽度な障害があり住む場所が無い人。

・一部の外国人。

・精神病。

 

などなど。

 

 

私は日本人の女性をターゲットにしております。

その理由は3点。

 

・入居者間の問題をなるべく少なくする為。

・近隣に迷惑を掛けないようにする。

・綺麗に建物を使ってもらう

 

 

この可能性が高いのが

日本人の女性と思ってやります。

 

男性と同居だとラブホ状態になりそうですしね。

今は80代でも全然現役だそうです。

お互いが良ければ良いですが

良くない場合であれば事件ですからね。

 

問題の芽は摘んでおきます。

 

 

 

また外国人の場合は

文化の違いから

仲間を連れてきて溜まり場になりそうな気がします。

 

 

シェアハウスなんかに泊まると

外国人が自分の家のようにしており

後から来た宿泊者は何だか居心地が悪い事があります。

 

 

また、ニオイの強い食事をする事があるので

団体生活のルームシェアでは何かと問題が起こりそうです。

 

なのでこれも問題の芽を摘んでおきます。

 

 

 

っで、

単身の高齢者の場合で

保護を受けていない人も多くいる訳ですが

その方達の場合は、家賃保証会社に通って頂きます。

 

 

通常の家賃保証会社では通りにくいので

一般財団法人 高齢者住宅財団

http://www.koujuuzai.or.jp/

 

 

 

ここは、高齢者であるが為に

アパートが借りれないような方の家賃保証を受けてくれる財団です。

 

 

この財団を利用する為には

入居させる建物を事前に登録する必要があります。

 

 

登録は難しくなく

財団のひな形に物件情報を記載して

賃貸契約書のひな形を送るだけです。

 

一部引用しますが家賃滞納と原状回復の費用が

月の家賃の35%の金額を一度支払うと2年保証されます。

 

保証の対象、保証限度額

保証の対象 保証限度額
(1)滞納家賃(共益費・管理費を含む) 月額家賃の12ヵ月分に相当する額
(2)原状回復費用(残置物の撤去を含む)および訴訟費用 月額家賃の9ヵ月分に相当する額

※(1)(2)ともに、家賃滞納に伴い賃貸住宅を退去する場合に限ります。

 保証料

2年間の保証の場合、月額家賃の35%
原則入居者負担で、契約時に一度お支払いいただきます。平成29年10月1日以降に新規に保証を開始(保証更新は除く)するお申込者の保証料につきましては、月額家賃に保証期間に応じた保証料率を乗じて得た保証料が10,000円未満の場合は、各引受件数単位の最低保証料を保証期間にかかわりなく、一律10,000円とさせていただきます。

 

 

 

 

 

但し基本的にこの財団に申し込むと

「どんな奴でも入居を拒むなよ!」

って言うオーラを出してきます。

 

が原則はそうですが

拒むことも出来るようです。

 

 

 

こう言ったサービスを使う事で

煙たがられる単身高齢者さんでも

家賃滞納のリスクを限りなく抑える事ができ

安心して長く入居できる空間を提供する事が出来ます。

 

 

 

 

#高齢者向きシェアルーム

#築古戸建て高利回り

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メンバー登録&ログイン
フォーラム

⇒フォーラムはコチラから
※月額10800円の有料サポートです。

※注意※登録していない方は閲覧できません。

登録は↓のURLを登録してからご利用下さい。

https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3V25SJ29V4S68

プロフィール

山本健 通称:ヤマケン
ヤマケンとは?

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ