資金の借り入れについて

目安時間9分

 

ビジネス全般にいえることでもありますが、

 

特に物販系のビジネスにおいては

 

キャッシュインフローとキャッシュアウトフロー

 

の動きを活発にすることが重要です。

 

 

 

仕入れには当然資金が必要ですし、

 

在庫を持たないことは発送を遅らせたり

 

キャンセルをする可能性が高くなり、Amazonでは

 

アカウント停止の原因になりかねません。

 

 

 

無借金経営をするのはリスクが高く、

 

適度に借金をするべきだと考えます。

 

 

 

卸の交渉にも取扱量がものをいいます。

 

 

 

多く買うほど卸の値は下がりやすいですし、

 

独占契約を結べることもあるでしょう。

 

 

 

----------

 

 

 

起業したてでメガバンクから借金をすることは

 

まず不可能でしょうから、選択肢は必然的に

 

比較的間口が広い地銀や国庫に絞られます。

 

 

 

今回は国庫からの融資の受け方をまとめます。

 

 

 

事業資金を集めるためには

 

 

事前計画を相当に練り込み

 

制度の高い計算が求められます。

 

 

 

運にも左右されますし

 

誰にも実行可能だとはいい難いです。

 

 

 

国庫から融資を受けるには

 

以下のような順序で手続きを勧めます。

 

 

 

・担当者に融資が必要な事業を説明する

 

 

 

事業の新規性・将来性を明確に

 

訴える必要があります。

 

 

 

しかし全く新しいビジネスはまず存在しません。

 

 

 

既存のビジネスや競合するであろう

 

他社との違いを明確にできれば十分です。

 

 

 

 

どのようにお金がかかって

 

どのように資金を回収し利益を

 

増やしていくのかを担当者に説明します。

 

 

 

逆に新しすぎるビジネスは

 

資金を回収できないのではないかと

 

危惧されがちですので、

 

斬新さをアピールする際には根拠を

 

より強く主張できるように準備をしましょう。

 

 

 

・返済計画を提出する

 

 

 

たとえ結果として家事だとしても

 

売上がどれだけあるか、

 

あるいはどれだけ見込めるかを提示し、

 

経費削減案などで利益を出せることを説明し、

 

返済能力があることを伝えます。

 

返済の可能性があると担当者が判断すれば、

 

現在返済能力がなくても

 

融資を受けることができます。

 

 

 

融資担当者は以下の項目に注目し、

 

融資をするか否かを決定するといわれています。

 

 

 

債権:回収不能なものがないか

 

 

 

棚卸資産:不良在庫がないか

 

 

 

貸付金および仮払い金:回収の見込みはあるか、実態はあるか

 

 

 

借入金:借入残高は売上や売上見込みに対して適切香

 

 

 

経常利益:これが黒字になっているかが最も重視されます

 

 

 

営業利益:本業で黒字になっているか

 

 

 

減価償却費:適切に行われているか

 

 

 

担当者の説得だけでなく

 

具体的に資金繰りなどの計画を立てるために

 

アドバイザーを頼るのもいいでしょう。

 

 

 

知り合いを頼るだけでなく商工会議所などに

 

所属してアドバイザーを探すことができます。

 

 

 

ちなみにお金を一番借りやすい時期は

 

創業時だといわれています。

 

 

 

創業時は決算書など実績を示すものがないため、

 

事業計画書と本人の経歴が判断材料となります。

 

 

 

この二点だけで数字を度外視に

 

判断してもらえる機会は後にはそうそう無いため、

 

創業時の借金も起業の際には

 

視野に入れておきましょう。

 

 

 

個人ではなく法人化申請をしてから

 

融資を受ければ信用度が大幅に上がるため

 

融資も受けやすくなりますが、

 

そもそも法人化のために

 

お金も時間も必要になります。

 

 

 

事業融資を受けるほどの

 

大規模なビジネスになれば法人化も

 

おすすめしますが、まず個人レベルで始める

 

ビジネスならばやはり利率も低く

 

融資の敷居が低い国庫から融資を受けることを

 

おすすめします。

 

 

 

-----------

 

かつては融資を受ける際には総事業費の

 

三分の一以上の自己資金が必要でしたが、

 

現在は名目上十分の一に緩和されています。

 

 

 

その自己資金を別の金融機関から借りて

 

自己資金を多く見せる「見せ金」という手法が

 

知られていますが、メガバンク相手でなくても

 

必ず資金の出処は知られてしまいます。

 

 

 

信用に傷が付き後に引きずることがありますので

 

絶対にやめてください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メンバー登録&ログイン
フォーラム

⇒フォーラムはコチラから
※月額10800円の有料サポートです。

※注意※登録していない方は閲覧できません。

登録は↓のURLを登録してからご利用下さい。

https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3V25SJ29V4S68

プロフィール

山本健 通称:ヤマケン
ヤマケンとは?

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ