物販起業時の注意点

目安時間17分

今回は中国輸入で企業する時に気を付けること

 

についてまとめます。

 

 

 

専門知識についてではなく

 

ビジネスの基礎中の基礎ともなることが

 

ほとんどとなりますが、

 

初めて起業する方や輸入ビジネスは初体験の方は

 

ついつい見逃しがちなことも多くあるかと思います。

 

確認もかねてぜひご覧ください。

 

 

 

-------------

 

  • 経費について把握しておく●

 

 

 

私用の衣服や外出にかかった費用を

 

経費で落としたことがあると

 

聞いたことがあるかもしれません。

 

 

 

しかしその会社の業務が「何か?」によって

 

経費で落ちるものは変わりますし、

 

税務調査が入っていないだけで

 

グレーであることもあります。

 

 

 

衣服は通常は経費で落とせませんが、

 

芸能人などが衣装として購入すれば

 

経費で落とせます。

 

 

 

以上はビジネスの常識の範囲内でありますが

 

再度ご確認ください。

 

 

 

 

 

中国輸入ビジネスの経費を考えるときは

 

上記の他にも、商品の仕入れにかかった費用は

 

売れて初めて経費となるため、

 

仕入れた段階では経費にはならないということを

 

理解しておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

-------------

 

  • 作業の外注・効率化をする●

 

 

 

商品の梱包や発送、外国語を使っての交渉、

 

マーケットのリサーチ、ウェブサイトのデザイン

 

管理など、商品を販売するだけでなく

 

商品を輸入するなら尚のこと業務は多様化し

 

手間がかかります。

 

 

 

すべて自力でやるには時間も足りませんし、

 

どれもおざなりにすることはできない

 

重要な仕事です。

 

 

 

特に起業した本人は事業計画について考えたり、

 

勉強も必要です。

 

 

 

時間を生み出すためには

 

ある程度の費用を気にせず外注化、ツール導入、

 

スタッフの採用をして舵取りに

 

専念するようにしましょう。

 

 

 

-------------

 

  • 失敗事例を学ぶ●

 

 

 

ビジネス全般、小売業、そして中国輸入と

 

広く失敗事例を調べておき、

 

同じような過ちを犯さないようにすることが

 

当然大切になってきます。

 

 

 

リスク管理を知らない最初のうちは

 

特に投資などで失敗をしてしまうと

 

再起が難しくなってしまうこともあります。

 

 

 

失敗を調べているうちには

 

「そんなこと当然だ」

 

と思いがちではありますし

 

マイナスな気持ちに

 

なってしまうかもしれませんが、

 

同じ失敗を避けるためにも

 

必ず学んでおきましょう。

 

 

 

-------------

 

  • Amazon以外の販路を知っておく●

 

 

 

Amazonの販路は初心者でもお勧めですが、

 

仕入れた商品をAmazonだけに頼るわけにはいきません。

 

 

 

忘れがちなのは目的です。

 

物販で成功したい事がいつの間にか

 

Amazonで成功したい!

 

と変わる人が多いですからね。

 

 

 

輸入ビジネスに関する法律を

 

学んでおくのと同時に、

 

Amazon以外の販路でも商品が売れるよう

 

リスクマネジメントを取るマーケティングが

 

必要となってきます。

 

 

 

例えば即金性のある

 

ヤフーオークションやメルカリを使い

 

キャッシュを確保する方法です。

 

 

 

 

 

しかしAmazonで売れるなら

 

ヤフーオークションやメルカリで売れる

 

とも限りませんし、逆も当然です。

 

 

 

ECサービスごとに客層は違いますから

 

当然需要も異なります。

 

 

 

しかし手軽なECサイトで

 

テストマーケティングをして

 

在る程度の結果を得ることはできます。

 

 

 

それぞれに個性はあると理解した上で

 

様々な販路を想定しておきましょう。

 

 

 

ちなみにAmazonのアカウントは

 

凍結するリスクがありますからね。

 

 

 

 

 

 

 

----------

 

  • 法人化する機会を間違えない●

 

 

 

個人事業か法人かに関わらず

 

起業後2年間は消費税の支払いを

 

免除されることから、

 

最初の2年間は個人で事業を行う方が

 

多数かと思いますが、

 

融資をはじめとした信用面からいうと

 

利益が出ているならばなるべく早く

 

会社を設立することをお勧めします。

 

 

 

利益が必要なのは、

 

設立費用や維持コストが必要なためです。

 

 

 

資金が用意できるならば

 

極力早い会社設立をすすめます。

 

 

 

 

 

----------

 

  • 専門家に頼る●

 

 

 

・税理士

 

結論から言うと税理士は必須です。

 

専門家としては最も重要な存在です。

 

なぜなら税理士によって

 

税務調査の入られやすさや厳しさ、

 

また会社の利益にまで影響が及びます。

 

 

 

一番慎重に選ぶべきパートナーだといえます。

 

 

 

・弁護士

 

中国輸入ビジネスに必須というほどではありません。

 

 

 

・弁理士

 

弁理士とは知的財産についての専門家です。

 

 

 

知的財産権の取得の手続きを行ったり、

 

自社で開発した製品を模倣されたときなど

 

トラブルの解決にあたったりします。

 

 

 

コンサルティングとしても使えます。

 

 

 

頻繁に用事が無ければ雇うことはせず、

 

商標取得など入用のときに

 

弁理士事務所に任せれば十分だと思います。

 

 

 

------

 

  • 人を育てる●

 

 

 

雇っても外注しても

 

他人と関わることになりますが、

 

優秀な人材を確保しておくことは困難です。

 

 

 

自身で起業や独立してしまうこともありますし、

 

条件の良い他社に取られることも往々にしてあります。

 

 

 

普通の人を丁寧に育てていくことが一番の近道です。

 

 

 

ただし普通の人だからといって報酬を少なくすれば

 

応募してくれる人の質も仕事の質も下がります。

 

 

 

人材の獲得、育成にかかる費用は

 

もったいぶってはいけません。

 

 

 

また仕事の引継ぎができるよう、

 

業務のマニュアル化も必須です。

 

 

 

 

 

---------

 

  • キャッシュポイントの確保●

 

 

 

中国輸入ビジネスは投資としての面もあります。

 

 

 

資本金が必要なのはもちろんですが

 

初期に仕入れやマーケティング調査など

 

お金がかかってしまいます。

 

 

 

必要経費を削ることはできませんし

 

するべきではありません。

 

 

 

資本金と利益だけで会社を回すことは

 

きわめて難しいのです。

 

 

 

本来は推奨されませんが、

 

他のビジネスを並行して行い

 

キャッシュをまわしていくことも

 

一つの手段なのです。

 

 

 

本業を持ち給料から出資していくのも

 

おすすめです。

 

 

 

確実にお金が増やせる仕事は希少です。

 

 

 

また他のビジネスから学んだことを

 

輸入ビジネスにも活かせることも

 

後々大きな強みになりえます。

 

 

 

なお資金がある程度たまっても

 

一度にまとめて投資してはいけません。

 

 

 

仕入れでも他の投資でも、

 

一気に100%を使い切るのではなく、

 

数度のテストを繰り返してから

 

精度を上げて行きましょう。

 

 

 

効率的に売上を上げることができれば、

 

銀行などの票かも上がり融資が受けやすくなります。

 

 

 

------------

 

以上は中国輸入ビジネスに限らずビジネスの基本であり、

 

常識かもしれません。

 

 

 

しかし中国輸入は外国とのやり取りもあり、

 

他の物販ビジネスと比べ

 

学ばなければならない事項が

 

他にも数多く在ります。

 

 

 

だからこそこうした基礎が重要になってきます。

 

 

 

自由度が高いからこそ、

 

基礎を固めなければいけません。

 

 

 

これらのポイントを何度も振り返り、

 

堅実かつ自由にビジネスを

 

楽しんでいただきたいです。

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. Shua より:

    現在企業して2年が終わっていくのですが、この内容の通りだと思います。
    有難うございます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メンバー登録&ログイン
フォーラム

⇒フォーラムはコチラから
※月額10800円の有料サポートです。

※注意※登録していない方は閲覧できません。

※ご利用の場合はメール下さい。

ken.yamamoto0033@gmail.com

 

プロフィール

山本健 通称:ヤマケン
ヤマケンとは?

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ