Amazonアカウント閉鎖・停止と対策について

目安時間9分

Amazonアカウント閉鎖・停止と対策について

 

Amazonで販売をしていくにあたって注意して

おきたいのが『アカウント停止の危険性』です。

 

クリーンな運用を心がけていても、

知らないうちにアカウント停止の原因に触れているかも知れません。

アカウントが停止にならないように対策すべきは何か?
万が一停止してしまった場合にとる行動は?
これら2点についてお話していきます。

 

 

【Amazonアカウント停止になる理由と対策】

 

アカウントが停止になると

商品を販売できなくなるのはもちろんですが

FBAに預けていた商品を返却されたり

売上金が受け取れなくなる場合があります。

 

アカウントが停止となる原因は

・商標に違反する・偽物の出品(知的財産権の侵害)
・ユーザーが商品注文後にキャンセルを繰り返す
・配送遅延を頻繁に繰り返す
・悪い評価率が増える
・問い合わせに対する回答遅延を繰り返す
・アダルト系商品を販売
・重複アカウントの存在の発覚
・他のアカウントと関連付けられる

 

 

主にこの辺りになります。順を追って詳しく見ていきましょう。

 

<商標に違反する・偽物の出品(知的財産権の侵害)>

 

商標を所得しているページへの出品も

アカウント停止のなりやすい原因の一つです。

 

J-Plat-Patというサイトで

出品予定の商品が商標登録されているか

確認することができます。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage
出品する前にチェックしてみると安心です。

 

また、商標取得のタイムラグにも注意しましょう。

商標の所得には半年ほどかかるので

出品したタイミングでは商標が

所得されていなくても時間が経ってから

商標違反になってしまうケースがあります。

このケースは今のところ出品が取り消されるだけで

直接アカウントに影響はありません。

 

<出品者側による購入のキャンセルを繰り返す>

出品者側による購入のキャンセルは

アカウント停止に最も影響します。

無在庫出品を行なっている人のアカウントが

停止するという話をしばしば耳にしますが

主にこれが原因の一つにあたります。

 

<配送遅延を頻繁に繰り返す>
FBAでは注文が入れば

Amazonが発送まで完了してくれるので

問題ありませんが、出品者出荷の場合は要注意です。

即時発送に自信がないのなら

発送までの日数に余裕を持っておくと良いでしょう。

 

<悪い評価率が増える>
クリーンな運用を心がけていれば

悪い評価がつくことは稀です。
しかし不良品をそのまま販売したり

偽物、コピー商品などを取り扱ってしまうと

出品者の評価をどんどん落とされてしまいます。

 

率で管理している為

出品当初は停止になりやすいので

注意が必要です。

検品をしっかり行う必要があります。

 

また、商品への不満点を

商品レビューではなく

出品者への評価に書き込むユーザーがまれに現れます。

この場合はAmazonのセラーサポートへ問い合わせすれば

削除してもらうことが可能です。

 

悪い評価は何であれ削除を要請を出しましょう。

 

<問い合わせに対する回答遅延を繰り返す>

 

回答遅延だけでアカウント停止になることはありませんが

配送遅延や悪い評価率などその他の原因と

合わせてアカウント停止の判断材料に

使われることが知られています。

 

 

<アダルト系商品を販売>

 

アダルト商品はアダルトフィルター(18禁)を掛けて販売しないといけません。
フェイルたーをしないで販売すると停止処分になりやすいです。

 

<重複アカウントの存在の発覚>
Amazonが複数アカウントの運用は禁止しているため

発覚すると一部、または全てのアカウントが

停止になる可能性があります。

住所や氏名はもちろんのこと

売上金の振込先やクレジットカードなどの情報から

発覚してしまいますので十分に気をつけましょう。
個人と法人は別ですので念の為に!

 

<他のアカウントと関連付けられる>
自分で複数のアカウントを運用しているわけではないのに、

何故かアカウントを複数持っていると

見なされてしまうケースがあります。

 

最近では街中で無料のWiFiを

利用することができますよね。

この『無料で誰でも利用できるWiFi』を

使ってしまったばかりにアカウントが

停止してしまった例は少なくありません。

 

これは過去にこのWiFiを使っていた人物で

Amazonのアカウントを停止させた人がいたということです。

駅やホテルであればかなりの人間が同じ

WiFiを使用することになります。

 

同じWiFiを利用するとIPアドレスも

同じになってしまいますから

アカウントが関連付けされてしまい

アカウントが停止となってしまいます。

 

同じIPアドレスでログインしただけで停止

というのは些か乱暴な気もしますが

セキュリティ面を考えると公共施設の

無料WiFiを使用する場合は注意した方が良いでしょう。

<Amazonアカウント停止時の申請>
アカウントが停止してしまっても

できることは沢山あります。

Amazonへの今後の改善策を明確に伝えることで

アカウントを復帰させることができるかもしれません。

具体的には、

Amazonへの謝罪
停止になった原因を書き出す
原因に対する改善策を改善までの

期間や具体的な内容を述べる

 

この『改善計画書』を送るのは早ければ早いほど良いです。

2週間を超えたらアウトだと思ってください。

 

そして1度の提出ですんなり復帰できるとは限りません。

何度も何度も必要な書類を送り

誠実に対応することでようやく大体の人が

アカウントを復帰させることができます。

残り一部の割合で閉鎖に追い込まれてしまいますが

こうなったらどうしようもない理由だったのだと考えて

新しいアカウントを作成できるように切り替えていきましょう。

 

<Amazonアカウントが閉鎖されたら?>

アカウントが停止でなく閉鎖された場合は

同一名義での再開はほぼ100%不可能です。

審査の段階であれば復帰も可能かもしれませんが

半年以上の時間を費やし、Amazonへのメールを送り続け

それでも閉鎖したアカウントが復活する可能性は1割を下回ります。

今後もAmazonでの販売を続けたいのであれば

閉鎖したアカウントを復活させるよりも

新たにアカウントを作成しましょう。

 

アカウントを作成する事は簡単ですが、
以前使用していた物全てを変更する必要があります。

(wifi、口座、クレジットカード、PC、住所など)
具体的には、
法人を作り、バーチャルオフィスを借り、口座を作り、クレジットカードを作り、
PCを買い替えて、WIFIに加入しアカウントを申請するとOKです。

大変ですよね。

健全な物販で行きましょう!

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メンバー登録&ログイン
フォーラム

⇒フォーラムはコチラから
※月額10800円の有料サポートです。

※注意※登録していない方は閲覧できません。

登録は↓のURLを登録してからご利用下さい。

https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3V25SJ29V4S68

プロフィール

山本健 通称:ヤマケン
ヤマケンとは?

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ