中国輸入 販売した商品でケガ事故があった場合 PL保険について

目安時間4分

不測の事態に備えるためにPL保険について

学んでいきましょう。

まずPL保険とは、商品や修理品または

請負作業などを消費者へ受け渡した後、

製品の欠陥や不備によって何らかの事故が起こった場合、

PL法に基づいて発生した損害賠償金を

支払ってくれる保険のことです。

※PL法は『消費者が商品や製品の欠陥、

不備によって生命や財産に損害を負った場合、

販売元や製造元に損害賠償を請求できる』というもの

 

例えば、私が中国輸入で仕入れて販売した商品で

購入者が損害を負った場合、

輸入販売元である私が責任を取ることになります。

 

「自分はそんな危険なものを扱っていないから大丈夫!」

なんて思われるかもしれませんが、

事故の種はどこに潜んでいるかわかりません。

 

落下防止のグッズなのにすぐに外れて家具が傷ついた!
子ども服に針がついていて子どもが大怪我をした!

 

数万円の損害で済めば良いですが、
破損した家具がとても高額なものだったら?
お子さんの怪我が後遺症が残るほどのものだったら?
数十万、数百万では済まされないかもしれません。

 

このように、販売した商品が原因で

重大な事故に至ってしまうケースは

どのような商材でも100%無いとは言いきれません。

 

不良品や欠陥品は出さないに越したことはないのは当然ですが、

検品や包装を別の業者にお願いしているなら

その業者が見落としなどのケアレスミスをしてしまうかもしれません。
その見落としてしまった商品が、

返品や交換では済まない結果を生むかもしれません。

そう言った

『不測の事態に備えるためのもの』

が保険がPL保険です。

PL保険は中国輸入ビジネスでも

心強い味方になってくれる保険なので、

これからビジネスを始める予定であれば

検討しておくとよいでしょう。
特に電子製品や子供向け用品を取り扱う場合は

早めに加入すべきです。
中国輸入では嘘偽りの認証マークが

流通しているケースもあります。

仕入れ会社から『PSEマークOK』と言う意味を

販売者である我々が間違って理解してはいけません。

 

 

中国会社の認識は

『許可とってないけど、PSEマーク付けて出荷出来ますよー』

 

我々の認識は

『PSE取得しているから日本で販売できますよー』

 

と善意の第3者の場合もあります。

 

 

その商品で事故が起こった場合は

保険対象になるのでしょうか?

 

 

保険会社にもよりますが

私の保険の担当者は

『過失でなければ大丈夫です。』

と言っていました。

 

こちらも騙されていた。

っという事であれば大丈夫という事でした。

但し違法とわかった上で販売していたらNGのようなケースもあります。

 

 

費用に関しえては業種と売り上げによって変わってきますが

1億位の売上であれば1万~15000円程度です。

PL保険は法人だけでなく個人でも加入できますし

保険料そこまで高額ではありません。
まずは損害保険の代理店などに問い合わせしてみましょう。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メンバー登録&ログイン
フォーラム

⇒フォーラムはコチラから
※月額10800円の有料サポートです。

※注意※登録していない方は閲覧できません。

登録は↓のURLを登録してからご利用下さい。

https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3V25SJ29V4S68

プロフィール

山本健 通称:ヤマケン
ヤマケンとは?

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ