検索キーワードの抽出方法 ~広告キャンペーンマネージャー編~

目安時間10分

コンサル生と一緒にABテストの結果を検証する事が良くあります。

 

↓は13日間の計測した数字です。

 

 

 

商品はほぼ同じ物。

メインキーワードではお互い1ページ目に出てきます。

それでもライバルページの方がなぜか2倍売れる。

 

その原因は???

 

ってところなんですが

これは頭で考えても一向に良い方向には向かいません。

数字で状況を把握するようにしないといけませんが

どのようにこのビジネスレポートをみれば良いのでしょうか?

 

まずはそこからお伝えしましょう!

 

■セッション■

これはクリックされた数です。

 

■ぺージビュー■

これは画面に映った数です。

検索した時に数種の商品が出てくると思います。

その時に画面に出てくれば1です。

セッション前の状態と言う事ですね。

 

■カートボックス獲得率

これは買い物かごに入れた時に

あなたの在庫が発送された確率です。

 

ライバルページは31%とあります。

10人購入者が居たら3人は

あなたの在庫が出荷されたと言う事になります。

 

この数字は低いようなら

価格の改定や

自社出荷であればFBAに

切り替えたりする必要があります。

 

■ユニットセッション率

これは注文数÷セッション数です。

ページに来てくれた人が購入した割合です。

10%以上はキープしたいところではあります。

 

この数字が低いと言う事は

販売画像の2ページ目以降と

紹介文章やレビュー内容が悪い事が考えられます。

 

と言うのもセッションになったと言う事は

トップ画像、タイトル、金額、レビューの数

等を見て「お」っと思った傾向がある訳です。

 

クリックしてもらえればOKです。

 

後は画像の2ぺージ目以降にバトンタッチなのですが

そこでうまく行かないと言う事ですね。

 

後の項目は特に気にしなくても良いですね。

 

 

 

っで。

本題ですが、

 

この場合ライバルとセッション数とページビュー数が4,5倍違うんですよね。

広告の影響も多少はありますが

それにしても開きがある。

 

ページビュー数は検索した時に表示される回数なので

そこから違う訳です。

 

ページビュー数が同じくらいで

セッション数が低いようなら

単純にクリックされていない。

と言う結論になり

画像、タイトル、値段、レビュー数の何れかに

原因があると考えられます。

 

この場合そうでは無いので

自身のページでは表示されない

検索キーワードが存在する可能性が高い訳です。

 

ではそれをどうやって調べるのか??

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

キーワード検索に対する表示の順番

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずAmazonはキーワードの購入回数毎に

並ぶ順番が決まります。

 

↓は「眼鏡」で検索した時に出てきた順番です。

赤い枠が一番売れているポジションにきます。

その上の上段は広告による表示です。

スポンサープロダクトって記載がある物は全て広告です。

 

2番目に「眼鏡」で売れている商品は青い枠の商品と言う事です。

先ほどのページビュー数のおさらいですが

この状態で表示されていると「1」になります。

 

 

 

 

 

 

↓はひらがなで「めがね」で検索してみました。

そうすると今度はスポンサープロダクトが上段に表示されず

検索商品が上段に並びました。

 

そして上段の左側は違う商品になりました。

「めがね」で検索され売れているのは赤い枠の商品と言う事になります。

2番目は青い商品ですね。

 

 

 

 

 

先ほどの「眼鏡」で検索した時に出てきた商品は「めがね」で

検索すると出てきません。

 

これが設定しているのかいないのかを調べる方法があります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

キーワードの設定とは?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

商品登録時に↓にキーワードを入れているかどうか?

と言う事になります。

 

ここで「めがね」と入れていれば表示されます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

キーワードがちゃんと効いているか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ASIN スペース キーワード

で検索し↓のように商品が出てくればキーワード設定が問題なくされていると言う事になります。

 

と言う事は設定はしているけど

「1ページ目の上段に表示されていない。」

と言う事になります。

 

 

キーワードが聞いていない場合は↓のようになります。

 

 

 

これで小文字の「megane」ではキーワード登録していない事が分かります。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

キーワードの設定と表示位置がわかると何がわかるのか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ライバルが設定してるキーワードが分かり、

逆にライバルが設定していないキーワードも調べる事ができます。

 

どのキーワードで売れているのかが表示順位で分かります。

 

但し結構手間がかかりますね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おススメの推奨キーワードの抽出方法

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ライバルページにばれないように相乗りをして

広告をかけます。

 

オートで広告をかけると

 

この広告レポートから検索ワードが抽出できます。

↓の赤色の部分です。

ここにオート設定ででた流入キーワードが出ます。

これを参考に調べていけば

設定していないキーワードがわかる確率が上がりますよ。

 

 

 

そして設定するには

カートボックスを取る必要があります。

 

自社出荷の場合であれば

現在の出品者より価格を下げないと難しいですね。

 

それとコンディションは新品以外は広告の対象になりません。

 

実務的には

この方から商品を購入し

FBAに納品し未販売に設定しておき

夜中だれも見ていないような時間帯にこっそり

出品し広告を掛けて流入を見ましょう!

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メンバー登録&ログイン
フォーラム

⇒フォーラムはコチラから
※月額10800円の有料サポートです。

※注意※登録していない方は閲覧できません。

※ご利用の場合はメール下さい。

ken.yamamoto0033@gmail.com

 

プロフィール

山本健 通称:ヤマケン
ヤマケンとは?

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ